• タクティカル・シラット 岩田

正しい技術と間違っている技術

 武術の界隈で、「あそこの技術は間違っている(から習わない方がいい)」という人が結構います。

 「それはお前だろ!」とツッコミを入れられそうですが、ちょっと違います。

 私は「効率が悪い」「~には向かない」と言う言い方をしようと心掛けています。


 普段断言しない私があえて断言してみます。



 「武術に誤りなんてありません」



 あるのは効率だけです。

 異なる動きは異なる技術・技になるだけです。

 「違います」というのは、武術的に誤っているという意味ではなくて、今練習しようとしている技とは違いますよ、という意味です。


 キラップの2手目を上からタップしようとする人に、「違いますよ!」と言う人がいますが、それは別のキラップになってしまいますよ、という意味です。

 例え発言した人が誤ってますよ、という意味で言っていたとしても別の技だという意味だと理解しておきましょう。

  

 少なくともタクティカル・シラットではそれで大丈夫です。


 タクティカル・シラット 岩田



55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ナイフ・ディフェンス

タクティカル・シラットの中級者用でまだ発売していなかった最後のDVD「ナイフ・ディフェンス」編を作成中です。 ナイフ・ディフェンスはナイフを素手で捌いたり武器を奪い取ったりなかなかビジュアル的にも優れているのですが、そのビジュアルとは裏腹に現実には極めて難しい技術です。 どんなに身体能力に優れていてかつトレーニングをしっかりしている人、例えばボクシングの世界チャンピオンであっても相手がそれに匹敵す