​マンガ・アニメとシラット

 マンガやアニメでもシラットはしばしば使われています。

​【史上最強の弟子ケンイチ】

 マンガで最も有名なもののひとつは「史上最強の弟子ケンイチ」でしょう。

​ ここでシラットは敵役の1人「シルクァッド・ジュナザード」、その弟子の「ラデン・ティダード・ジェイハン」の使う武術(プンチャック・シラット)として登場します。

​ シラット使いが最強の1人として描かれているのが嬉しかった反面、技に知っているものがなく(作者の創作なのか、私の知らない流派なのか分かりませんが)、そこは少し寂しかったですね。

​【喧嘩商売】

 あとは「喧嘩商売」での「櫻井 裕章」が使う武術としてもシラットは知られています。詠春拳系シラット(マレー半島北部では詠春拳の影響を色濃く受けたシラットがありますね。チーサオも練習メニューにあってほとんど詠春拳というのまであります)とプリサイディリ(プンチャック・シラットの流派。「シカップ・ナガ(龍の構え)」等で有名ですね)やムルパティ・プティの使い手だとか。いや、コンセプトだいぶ違うしお互いの技術が邪魔しそうですが、さすがにヒーローは違いますね!

​【PSYCHO-PASS(サイコパス)】

アニメで最初に名前が上がるのはPSYCHO-PASS(サイコパス)でしょうかね。

狡噛と槙島のアクションシーンはシラットです。

​下の動画の1分足らずの戦闘シーンでも、リストレンチ、エルボーブレイク、ショルダーロック、ラバイ、キックスクープなどシラットのメジャーな技術がふんだんに使われていますね。

Copyright©タクティカル・シラット​

  • Twitter Clean
  • Facebook Clean
  • YouTubeの - ホワイト丸